未分類

楽天ペイとは?デメリットって何?評判を大暴露!Edyは使えない?

更新日:

楽天の決済を楽天以外のサイトや街のお店で使えるサービスです。利用してみたので感想をお伝えします。

楽天ペイとは?

楽天以外のサイトで楽天の決済が使える

BUYMA、無印、ドミノピザ、TOHO CINEMAS、DMM、などの人気のオンラインストアで楽天の決済が使えます。

なので、楽天のポイントが使えますし、貯まります。

ただ、一部のストアでは楽天のポイントでの支払いは対応できないようです。

私が使った感じだと、DMMは楽天に登録されてるクレジットカードでの支払いのみでした。TOHO CINEMASはポイントで支払えました。

楽天ペイ(ネットでのお支払い)

街のお店で楽天の決済が使える

楽天ペイはスマホアプリを使うことで、街のお店で楽天の決済が使うことができます。もちろん楽天のポイントが使えます。

本記事では主にこちらの街で使う楽天ペイについてのレビューをしていきます。

楽天ペイ(街でのお支払い)

体験レビュー

下のページからApp Storeに飛んでアプリをインストールします。

説明を読んでいくとログイン画面になります。ご利用の楽天のIDでログインします。

位置情報は許可してもしなくてもどちらでも大丈夫です。

ニュース配信は解除しても大丈夫です。

楽天に登録しているクレジットカードを選択し、セキュリティコードを入力します。

これで普通に使えるようになりました。

下のバーコードをお店のレジで読み取ってもらうことで支払えます。

お店によっては下のように、こちらがQRコードを読む場合もあります。

支払いが完了すると下のような画面になります。

ちなみに、下のボタンを押すと楽天ポイントカードのバーコードを表示することができます。

最初下のように利用登録画面が出るので、登録したらポイントが初期化しないか心配になりますが、普通に登録して大丈夫です。

下のようにポイントカードのバーコードが表示されます。ちなみにこの機能は、楽天ペイの本質的な機能とは関係なく、単純に楽天ポイントカードのバーコードがここで表示でき、対応しているお店で使える、ということです。

実店舗で楽天のポイントが使えるサービスといえば、楽天ポイントカードです。

ただ、楽天ペイとの違いがとてもわかりづらいです。

実は、使える店舗も違うし、使えるポイントの種類も違います。

たとえばコンビニだと、

楽天ペイはローソンとファミリーマート

楽天ポイントカードはデイリーヤマザキ

だったりします。

また、楽天ペイは楽天キャッシュを含めて全ての楽天のポイントが使えますが、楽天ポイントカードでは楽天キャッシュを店舗で使うことはできません。

使った際に貯まるポイントも違います。

楽天ペイは、利用金額の0.5%が貯まります。(楽天カード決済の場合は1.5%)

楽天ポイントカードは店舗によって違います。

また、楽天ポイントカード専門のアプリがあったり、使いわけが難しいです。

楽天ポイントカード

さらに楽天のポイントを管理するアプリもあります。

楽天PointClubアプリ

なお、楽天ペイアプリや楽天ポイントカードアプリなどで表示されるバーコードや数字が一致しなかったので、「あれ?アプリごとにポイントが分かれたら嫌だな」と思ったのですが、ちゃんと一元的に管理されます。

そもそも、バーコードや数字は一時的なもので、クルッと矢印が回った更新ボタンを押したりすると変わります。

楽天ペイのよくない点

使えるお店がまだ少ない

徐々に増えてきているとはいえ、まだまだ少ないなーと思います。

コンビニではローソンとファミマのみです。使えるお店については以下で確認できます。

楽天ペイが使えるお店

送金や割り勘には対応していない

競合サービスのLINE PAYでは友達に好きな金額を簡単に送金できますが、楽天ペイにはその機能はありません。

楽天のサービスで送金は楽天銀行に口座を作り、楽天キャッシュのプレミアム型に登録しなければなりません。さらに送金するごとに54円の手数料がかかるので、割と大がかりになってしまいます。

送付する(楽天キャッシュ)

楽天Edyは使えない

楽天の電子マネーといえば楽天Edyですが、楽天Payアプリから楽天Edyを使うことはできません。

Apple Payには対応していない

楽天Edyもそうなのですが、楽天PayもApple Payに対応していません。なので、店舗のリーダーにスマホを近づけて楽々決済ということはできません。バーコードを提示して読み取ってもらったり、逆にこちらでバーコードを読み取る必要があります。

バーコード提示も十分楽ですが、個人的にはリーダーにスマホをかざすだけのApple Payの使い方がとても楽なのでできれば今後対応してほしいですね。

楽天ポイントカードとの使い分けがわかりづらい

楽天ペイと使える店舗が違ったり、アプリが違ったりなどとてもわかりづらいですね。

そもそも、楽天の電子マネーやポイントは、楽天ペイ、楽天Edy、楽天PointClubなど乱立していて混乱している印象です。

このあたり一本化してほしいですね。

JR東日本などは、JREポイントやSuicaポイントなど乱立していましたが、最近JREポイントに一本化したので見習ってほしいですね。

 楽天市場よりポイント還元率が低い

楽天ペイは利用額に応じて楽天ポイントがもらえます。

基本は0.5%で、楽天カードで決済する場合は1.5%になります。

楽天市場での買い物だと、基本は1%で楽天カード決済だと3%なので、ちょっと少ないですね。

とはいえ、現金で払えば何ももらえないので、ありがたいですが。

楽天ペイの良い点

楽天キャッシュが使える

楽天アフィリエイトの報酬などでもらえる楽天キャッシュは、基本は楽天市場でしか使えませんでした。

楽天ポイントカードだと使えません。

ですが、楽天ペイでは、この楽天キャッシュからも支払うことが可能です。

普通に楽天カードで払うよりもポイント還元率が高い

先程、楽天市場で買うよりも還元率が低いと言いました。

でも、コンビニのレジでで普通に楽天カードを出してカード払いするとポイントは1%しかもらえません。

ですが、楽天ペイを使って、楽天カードで払えば1.5%のポイントがもらえます。

最終的に楽天カードで払うのですが、楽天ペイを通すかどうかでポイント還元率が違ってくるということです。

楽天カードについて詳しくは下で説明しています。

楽天カード評判とデメリット!Apple Pay電子マネーEdyチャージ対応は?

楽天カードを使ってみた感想をお伝えします。あまり触れられないデメリットについても詳しくご紹介します。 Contents1 申込から到着まで2 デメリット2.1 楽天Edyのチャージはファミリーマートに ...

続きを見る

今後に期待できる

楽天としては楽天ペイをプラットフォームにする構想を持っているようなので、EdyやPointClubも統合していく計画がある。

また、個人間送金にも対応するようなので、期待したいですね。

「楽天ペイ」アプリに「Edy」統合へ 個人間送金も予定

さいごに

まだまだ発展途上とはいえ、楽天のポイントを街のお店で消化できるのはとても助かりますね。

今後に期待したいサービスです。

-未分類

Copyright© 株式ネット証券比較初心者|最初の口座選びで結果に差がでる理由 , 2019 AllRights Reserved.